入荷予定 ●送料無料● インターステラー Blu-ray

インターステラー [Blu-ray]

newgate.work,DVD , 外国映画 , ドラマ,/birthless984152.html,インターステラー,[Blu-ray],486円 486円 インターステラー [Blu-ray] DVD 外国映画 ドラマ 入荷予定 インターステラー Blu-ray newgate.work,DVD , 外国映画 , ドラマ,/birthless984152.html,インターステラー,[Blu-ray],486円 486円 インターステラー [Blu-ray] DVD 外国映画 ドラマ 入荷予定 インターステラー Blu-ray

486円

インターステラー [Blu-ray]

『インセプション』『ダークナイト』3部作のクリストファー・ノーラン監督作品

鬼才クリストファー・ノーランと、アカデミー賞受賞Wキャストが仕掛ける、衝撃の宇宙体験!
地球の寿命が終わる。人類の挑戦が始まる。

地球の寿命は尽きかけていた。
居住可能な新たな惑星を探すという人類の限界を超えたミッションに選ばれたのは、
まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男。
彼を待っていたのは、未だかつて誰も見たことがない、衝撃の宇宙。
はたして彼は人類の存続をかけたミッションを成し遂げることが出来るのか?
鬼才クリストファー・ノーラン監督×アカデミー主演男優賞受賞マシュー・マコノヒー×アカデミー助演女優賞受賞アン・ハサウェイ
"世界最強の監督とキャストが仕掛ける、衝撃の宇宙体験!

キャスト:
クーパー … マシュー・マコノヒー (小原雅人)
ブランド … アン・ハサウェイ (園崎未恵)
ジェシカ・チャステイン (岡 寛恵)
エレン・バースティン (沢田敏子)
マーフ … マッケンジー・フォイ (諸星すみれ)
ブランド教授 … マイケル・ケイン (有本欽隆)

※パッケージデザインは変更になる場合がございます。


メーカーによる説明

        
インターステラー [Blu-ray] インターステラー [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray] Interstellar Interstellar - From USA. Interstellar (Blu-ray)
フォーマット Blu-ray Blu-ray Blu-ray Blu-ray Blu-ray
仕様 通常盤 AmazonDVDコレクション 2枚組 1枚組 2枚組
言語 英語, 日本語 英語, 日本語 イタリア語 言語: 英語 言語: 英語
       
インターステラー [DVD] インターステラー [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [DVD] Interstellar [DVD] [Import] インターステラー lt;4K ULTRA HDamp;ブルーレイセットgt;(3枚組) [Blu-ray]
フォーマット DVD DVD DVD Blu-ray
仕様 通常盤 AmazonDVDコレクション 1枚組 4K通常盤
言語 英語, 日本語 英語, 日本語 英語 英語, 日本語

インターステラー [Blu-ray]

今世紀の作品では、間違いなく未来評価にも充分耐えるSFで、テーマ性と完成度は他SF比で異次元レベル。SF映画は大別すると、現代社会テーマの一部分を切り取ってエンターテイメントとしてデフォルメする「スターウォーズ」や「ゼロ・グラビディ」の様な作品と、人類が抱える普遍的なカルマをシンプルに象徴しながら哲学的に考えさせる「2001年宇宙の旅」の様な作品に分けられるが、本作「インターステラー」は、正しく後者の今世紀の代表作としての地位を手にしただろう。「2001年」は、武器を手にした時に始まった人類の愚かさとAIを対比させて改めて神と人間の関係を問い掛けた。本作は切り口を替えて、次元と空間を超越し得る“愛”の存在を前面にしたヒューマン性のシナリオがことのほか新鮮で、多くの人々に支持されたのだろう。親子の愛、男女の愛、師弟の愛、そして人類への愛が、クリストファー・ノーランが練り上げた珠玉の脚本で熱くも冷静に綴られている。SF作品は、その監督独自の世界観に基づく景観やメカニカルのCG特撮が前提となるが、其れで満足してしまい教条的か視覚的な詰め方で終わる作品が多い。だが本作が素晴らしい点は、俳優陣の迫真の演技にある。主役のマシュー・マコノヒーとアン・ハサウェイの安定した演技に加え、マーフの幼少期を演じたマッケンジー・フォイと成年期のジェシカ・チャスティンの哀しみと苦悩、プロジェクトリーダー役のマイケル・ケインの心の葛藤は胸を内側から締め付け、本作を単なるSF作品から科学との向き合い方と人類愛を描いた普遍的な不朽の名作候補に仕立てあげた。さすがノーランと脱帽するしかない。やはり人の演技が真ん中にいる映画は何度観ても面白い。私の中で最も象徴的な光景が、戦争が終わっても飛び続ける偵察ドローンと、未知の惑星で新しい人生を迎えたアンの精気に満ちた顔だ。AIや機械の活動に愛や希望は要らないが、人類にとっては永遠かつ最大の創造エネルギー源だ。新たなアダムとイヴは果たしてどんな世界を創るのか、本作のラストはこれまで観た映画では、ブレードランナーに比肩する「悪くないかも知れない未来」への高揚感と期待を感じさせる。多くの方に観て欲しいと心から思える名作に出逢えたことを改めて感謝している。
今世紀の作品では、間違いなく未来評価にも充分耐えるSFで、テーマ性と完成度は他SF比で異次元レベル。SF映画は大別すると、現代社会テーマの一部分を切り取ってエンターテイメントとしてデフォルメする「スターウォーズ」や「ゼロ・グラビディ」の様な作品と、人類が抱える普遍的なカルマをシンプルに象徴しながら哲学的に考えさせる「2001年宇宙の旅」の様な作品に分けられるが、本作「インターステラー」は、正しく後者の今世紀の代表作としての地位を手にしただろう。「2001年」は、武器を手にした時に始まった人類の愚かさとAIを対比させて改めて神と人間の関係を問い掛けた。本作は切り口を替えて、次元と空間を超越し得る“愛”の存在を前面にしたヒューマン性のシナリオがことのほか新鮮で、多くの人々に支持されたのだろう。親子の愛、男女の愛、師弟の愛、そして人類への愛が、クリストファー・ノーランが練り上げた珠玉の脚本で熱くも冷静に綴られている。SF作品は、その監督独自の世界観に基づく景観やメカニカルのCG特撮が前提となるが、其れで満足してしまい教条的か視覚的な詰め方で終わる作品が多い。だが本作が素晴らしい点は、俳優陣の迫真の演技にある。主役のマシュー・マコノヒーとアン・ハサウェイの安定した演技に加え、マーフの幼少期を演じたマッケンジー・フォイと成年期のジェシカ・チャスティンの哀しみと苦悩、プロジェクトリーダー役のマイケル・ケインの心の葛藤は胸を内側から締め付け、本作を単なるSF作品から科学との向き合い方と人類愛を描いた普遍的な不朽の名作候補に仕立てあげた。さすがノーランと脱帽するしかない。やはり人の演技が真ん中にいる映画は何度観ても面白い。私の中で最も象徴的な光景が、戦争が終わっても飛び続ける偵察ドローンと、未知の惑星で新しい人生を迎えたアンの精気に満ちた顔だ。AIや機械の活動に愛や希望は要らないが、人類にとっては永遠かつ最大の創造エネルギー源だ。新たなアダムとイヴは果たしてどんな世界を創るのか、本作のラストはこれまで観た映画では、ブレードランナーに比肩する「悪くないかも知れない未来」への高揚感と期待を感じさせる。多くの方に観て欲しいと心から思える名作に出逢えたことを改めて感謝している。
今世紀の作品では、間違いなく未来評価にも充分耐えるSFで、テーマ性と完成度は他SF比で異次元レベル。SF映画は大別すると、現代社会テーマの一部分を切り取ってエンターテイメントとしてデフォルメする「スターウォーズ」や「ゼロ・グラビディ」の様な作品と、人類が抱える普遍的なカルマをシンプルに象徴しながら哲学的に考えさせる「2001年宇宙の旅」の様な作品に分けられるが、本作「インターステラー」は、正しく後者の今世紀の代表作としての地位を手にしただろう。「2001年」は、武器を手にした時に始まった人類の愚かさとAIを対比させて改めて神と人間の関係を問い掛けた。本作は切り口を替えて、次元と空間を超越し得る“愛”の存在を前面にしたヒューマン性のシナリオがことのほか新鮮で、多くの人々に支持されたのだろう。親子の愛、男女の愛、師弟の愛、そして人類への愛が、クリストファー・ノーランが練り上げた珠玉の脚本で熱くも冷静に綴られている。SF作品は、その監督独自の世界観に基づく景観やメカニカルのCG特撮が前提となるが、其れで満足してしまい教条的か視覚的な詰め方で終わる作品が多い。だが本作が素晴らしい点は、俳優陣の迫真の演技にある。主役のマシュー・マコノヒーとアン・ハサウェイの安定した演技に加え、マーフの幼少期を演じたマッケンジー・フォイと成年期のジェシカ・チャスティンの哀しみと苦悩、プロジェクトリーダー役のマイケル・ケインの心の葛藤は胸を内側から締め付け、本作を単なるSF作品から科学との向き合い方と人類愛を描いた普遍的な不朽の名作候補に仕立てあげた。さすがノーランと脱帽するしかない。やはり人の演技が真ん中にいる映画は何度観ても面白い。私の中で最も象徴的な光景が、戦争が終わっても飛び続ける偵察ドローンと、未知の惑星で新しい人生を迎えたアンの精気に満ちた顔だ。AIや機械の活動に愛や希望は要らないが、人類にとっては永遠かつ最大の創造エネルギー源だ。新たなアダムとイヴは果たしてどんな世界を創るのか、本作のラストはこれまで観た映画では、ブレードランナーに比肩する「悪くないかも知れない未来」への高揚感と期待を感じさせる。多くの方に観て欲しいと心から思える名作に出逢えたことを改めて感謝している。
今世紀の作品では、間違いなく未来評価にも充分耐えるSFで、テーマ性と完成度は他SF比で異次元レベル。SF映画は大別すると、現代社会テーマの一部分を切り取ってエンターテイメントとしてデフォルメする「スターウォーズ」や「ゼロ・グラビディ」の様な作品と、人類が抱える普遍的なカルマをシンプルに象徴しながら哲学的に考えさせる「2001年宇宙の旅」の様な作品に分けられるが、本作「インターステラー」は、正しく後者の今世紀の代表作としての地位を手にしただろう。「2001年」は、武器を手にした時に始まった人類の愚かさとAIを対比させて改めて神と人間の関係を問い掛けた。本作は切り口を替えて、次元と空間を超越し得る“愛”の存在を前面にしたヒューマン性のシナリオがことのほか新鮮で、多くの人々に支持されたのだろう。親子の愛、男女の愛、師弟の愛、そして人類への愛が、クリストファー・ノーランが練り上げた珠玉の脚本で熱くも冷静に綴られている。SF作品は、その監督独自の世界観に基づく景観やメカニカルのCG特撮が前提となるが、其れで満足してしまい教条的か視覚的な詰め方で終わる作品が多い。だが本作が素晴らしい点は、俳優陣の迫真の演技にある。主役のマシュー・マコノヒーとアン・ハサウェイの安定した演技に加え、マーフの幼少期を演じたマッケンジー・フォイと成年期のジェシカ・チャスティンの哀しみと苦悩、プロジェクトリーダー役のマイケル・ケインの心の葛藤は胸を内側から締め付け、本作を単なるSF作品から科学との向き合い方と人類愛を描いた普遍的な不朽の名作候補に仕立てあげた。さすがノーランと脱帽するしかない。やはり人の演技が真ん中にいる映画は何度観ても面白い。私の中で最も象徴的な光景が、戦争が終わっても飛び続ける偵察ドローンと、未知の惑星で新しい人生を迎えたアンの精気に満ちた顔だ。AIや機械の活動に愛や希望は要らないが、人類にとっては永遠かつ最大の創造エネルギー源だ。新たなアダムとイヴは果たしてどんな世界を創るのか、本作のラストはこれまで観た映画では、ブレードランナーに比肩する「悪くないかも知れない未来」への高揚感と期待を感じさせる。多くの方に観て欲しいと心から思える名作に出逢えたことを改めて感謝している。

成果これまでの成果の一覧